負けないための準備

競馬のテクニック 馬連

馬連

レースごとに券種を変えながら馬券を購入することは、競馬で利益を出すための良いテクニックです。日本競馬の控除率は、一律に控除率が設定されているわけではなく、システムとしてはだいたい18%から25%の間を変動する変動型の控除率を採用しています。誤解をしている人も多いですが、日本競馬の控除率は固定ではなく、統計的な数値を見ると20%から25%の間で固定されるようになるので、これが控除率であると勘違いをしている人も多いです。

例えば、多くの人が利用している券種に馬連というものが存在しますが、一般的にこの券種の控除率は25%であると考えられています。しかし、馬連の控除率も実は変動制であるため、単純に統計的な数値で見ると25%に収束するというだけの話なのです。実際に、こうした券種に関する知識やテクニックはとても重要になります。日本競馬では特に、券種によってJRAが控除率の還元キャンペーンを行っていることがあり、特に単勝や複勝、そして馬連がその対象となっています。

ホームページなどでは代替的に宣伝をしていますが、普段からJRAのホームページを見ない人や競馬場に行かない人はこの事実を知りません。こうしたキャンペーンを実施できるのも、全体的な控除率が変動制になっていて、レースごとの結果で還元率を決めることができるからに他なりません。大きいときには5パーセント以上の配当を還元してくれますので、レースによって券種を変えることはとても大切なのです。

競馬

競馬のテクニック 評論家

評論家

競馬評論家という立ち位置の人は、競馬に関してある程度詳しくなければなることはできません。また、競馬新聞などで記者として働いていた人が多く、元騎手が競馬評論家を名乗るようなケースはほとんどなく、多くは元記者の肩書として機能しています。ここで参考にしたいのは、こうした競馬評論家が予想の際に使うテクニックです。データを重んじる人もいれば、調教を重んじる人、はたまた血統や前走における内容などを総合的に評価する人など様々なテクニックを垣間見ることができます。

調教を重んじる場合、調教の見方というものを知っておく必要があります。単に調教の時計がよければ調子がいいということではなく、走りやすい時間なのか、調教コースが荒れている時間に走ったのかというのでもその調子というのはまるで違うものとなります。こうしたものをしっかりと見極めることができれば、穴馬を見つけることができ、高配当をつかむことができます。こうしたファクターを多く抱える人はその精度も高いことから、多くの人に予想を提供することが可能です。

大事なことは、プロがどのようなところを見ていて、その時にテクニックを使っているかということです。テクニックを使っているようであれば、自分のような素人でもそれをマネることができるものなのかチェックし、勉強していき、少しでも習得する必要があります。それぞれが馬券の師匠と呼べる人を見つけ、その人のやり方を学んでいけば、おのずと馬券の買い方もうまくなっていきます。

競馬

競馬のテクニック情報

情報

競馬の勝率アップには、情報を効率よく集めるテクニックが重要です。昔は、競馬新聞を利用して当日や前日にデータを集める人が多かったですが、今はインターネットに多数あるサイトを活用するのがおすすめです。中央競馬や地方競馬のホームページでは、レースに出走する馬の戦績や体重、レース間隔などの情報が細かく紹介されているので、どの馬がどのコースに強いかや距離適正等を考えながら馬券を購入するのが良いです。

競馬の初心者にありがちなのが、短距離馬の血統なのに長距離レースでその馬を本命にしてしまい、レースで失速して惨敗してしまうことに気をつけることです。血統だけでなく、馬のこれまでの戦績を見てどのコースと距離が最適なのかを見極めることも重要です。逃げ馬や追い込みの馬などの脚質も大切で、今開催中のコースは逃げ馬がそのまま前の位置取りで逃げ切りが多いか、追い込み馬が差しきる傾向が多いのかを把握しておくと馬券が的中しやすくなります。

開幕週などは、馬場が綺麗なので内枠の逃げ馬等がそのまま逃げ切って勝つケースも多いので、血統だけでなくコースの特徴などを覚えておくのが良いです。ビギナーズラックで適当に馬券を購入しても当たるケースもありますが、多くの馬の情報を理解しておくことや、好きな馬を何頭か見つけることで、その馬のローテーションや調子、調教の良し悪しなどがわかってくるので、普段から好きな馬の状態をチェックしながら馬券を購入すると勝率がアップしやすいです。